スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jリーグ08’最終節、起きたドラマと起きなかったドラマ!? 

終わっちゃいましたね今年のJリーグ、終わってみれば大半の
予想通り鹿島の2連覇で2008年シーズンは幕を閉じる事になり
ました。
今年のシーズンを象徴するようなドラマティックなFINALを
期待していたのですが優勝争いに波乱は起きず、優勝予想していた
川崎が鹿島を追い超す事はなかった。私としては絶対有利の鹿島が
札幌相手にまさかの敗戦を期待していたのですが、終わってみれば
呆気無く?当然の?鹿島の優勝が決まった。

今年のJリーグでは最終節の優勝争いに期待していた劇的なドラマ
は生まれず少し期待外れだった、が残留争いにそのドラマが起きた。

第34節、Jリーグ最終節のビッグゲームは千葉VSF東京戦だろう
千葉は33節時点で勝ち点35の17位に自動降格圏内だった
絶対残留と意気込む千葉の最終戦の相手は来年ACL出場権獲得に
燃えるF東京だった。F東京も今年、躍進を遂げたチームで現在の
千葉にとってはかなりの強敵で誰もが千葉の降格を予想したのでは
ないだろうか?

しかし絶体絶命な状況の千葉は4-2でF東京に劇的な逆転勝利を
収め周りの降格するだろうと言う声を一掃した。

F東京に2点を先制された千葉は後半の28分までは無得点、しかし
後半29分から途中交代で入った選手(新居・谷澤)が機能し始める。
まずは同29分新居が反撃ののろしを上げる得点を奪う、続いて巻の身体
を張った落としから谷澤ガ値千金の同点ゴール、その後は僅か10分位の
間に3点目、4点目を奪い鮮やかな大逆転劇を見せた。

私の勘で千葉は残留するとtoto予想のときにも書きましたが
まさかこんなドラマティックな逆転劇を起こすとまでは想像して
いませんでした。最終節に期待していたドラマティックな展開が
優勝争いではなく残留争いで起きちゃいました。
優勝争いで鹿島が敗れて川崎の逆転優勝の予想は見事に鹿島の2連覇で
阻まれましたが、残留争いの「なぜだか千葉は残留する・・・」が的中
して少し満足かな・・・

千葉VSF東京戦はニュースで見ただけで試合をまだ見ていないのですが
これは一見の価値ありな試合だろうから要チェックだ!!

残留争いで起きたドラマがこの最終節一番のビッグゲームだ!!
間違い無い!それじゃ今日はこの辺で
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hajimeteno.blog25.fc2.com/tb.php/76-38da6510

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。