スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1・優勝への展望~ 

J1・優勝への道~

33節終了間際に得点を挙げてここ一番での勝分強さを見せた
鹿島が勝ち点を60まで延ばし連覇へ向けて大きく前身した。
時節勝てば文句無しの優勝が決まる。引き分けの場合、2位の名古屋
が勝っても勝ち点では並ぶものの得失点差で断然有利な状況だ
3位の川崎が優勝するには鹿島が敗れた場合のみ優勝の可能性が出てくる
現状自力優勝があるのは鹿島だけで、名古屋、川崎が逆転優勝するには
まず自分達がしっかり勝って鹿島の結果次第と言う訳だ。

2位の名古屋は勝って勝ち点を61に延ばして鹿島が引き分けた場合
勝ち点では並ぶが得失点差で鹿島を逆転するのは困難だろう
名古屋優勝の可能性は極めて低いとみた。その点川崎は鹿島が敗れなければ
勝ち点で並ぶ事が出来ないしかし他力本願ながら鹿島が敗れて勝ち点が
並んだ場合 得失点差が鹿島とあまり無いため逆転優勝の可能性が高い

最終節の対戦相手は名古屋が大分、川崎が東京Vと共にアウェイで対戦する
この2チームの対戦相手を見てみるとやはり名古屋の方が難しい最終戦になりそうだ
現状では断然鹿島が有利だが逆転優勝を考えた場合やはり川崎の方が名古屋より
可能性が高いのではないだろうか・・・

去年最終戦、今年と同じように首位の浦和が最下位の横浜Cにまさかの
完封負けを喫して鹿島に逆点優勝を奪われた。今年も首位のチームが
最下位のチームにまさかの敗戦で逆点優勝が起こるのではないだろうか
去年の例とあまりにも酷似していてそんな気がしてならないのは私だけだろうか・・・?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hajimeteno.blog25.fc2.com/tb.php/69-cfa5c349

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。