スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACL準決勝・第2戦 

ACLの準決勝第2戦、見事にG大阪が前回覇者の浦和レッズに3対1で勝利
2試合のトータルスコアー4-2でアジアの舞台で初のファイナリストへ

試合内容、前半浦和がペースを握る するとガンバのクリアミスを高原が先制ゴール
その後も前半は終始浦和ペース、しかし後半コーナーキッツクから山口の同点ゴールが生まれ
2点目は明神が泥臭く押し込んだ、もっともガンバらしい得点は遠藤のだめ押しの3点目だった
華麗なパスワークから浦和の連覇が遠のくゴールを叩き込んだ。

決定期を逃さず決めたガンバが見事にアジアのファイナリストへ名乗りを挙げた!

この試合点差程実力の差は無かった様に感じる 差があったとすれば
現状のチーム状態、それとACLにかける気持ちの問題か

去年チャンピオンになったレッツズは今年の予選を免除され
一方ガンバは厳しい予選リーグを勝ち上がりここまで辿り着いた。
これがモチベーションの差となって現れたのではないか?
チャンピオンが翌年予選リーグ免除になるシステムは今年で終わりらしいが
それはその方が良いと思う 苦労して予選から勝ち上がってこそ感動できる試合
が生まれるのではないだろうか・・・
今年のレッズに足らなかったものはそれだと感じる。

しかしゲーム内様は紙一重だ 勝負の世界に「~たら、~れば」は禁句だが
前半、バーを叩いた高原の見事なハーフボレーが決まっていれば、前半の内にレッズが
2点目を挙げていれば試合内様もまた違うものになっていたかもしれない
こんな紙一重の戦いを制したガンバがいざACL決勝の舞台へ・・・

~To GAMBA and the top of Asia~


よければクリックお願いします。 
人気Blogランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hajimeteno.blog25.fc2.com/tb.php/39-759fa1fc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。