スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FIFAのブラッタ-会長がG大阪を絶賛! 

クラブのワールドカップ、CWCで世界の3位に入った
G大阪をFIFAのブラッタ-会長が褒め称えた。

ブラッタ-会長はマンチェスターユナイテッドとの1戦を見て
アジアチャンピオン、ガンバ大阪の健闘ぶりに目を丸くした。
試合に対するモチベーションには相手のマンチェスターUとG大阪に
多少の温度差があったものの善戦したG大阪を次のように賞賛した
「素晴らしいチームだった。後半のようなシュートの正確性を、
前半に見せていれば結果は違っていたかもしれない」と勝敗を
分けたのは決定力の差だと分析していた。

決定力については代表でもずっと課題に上がっており
この課題をクリアすることが出来れば世界のサッカーと
同等に渡り合えるのではないだろうか、
日本のチームに足りないのはゴール前での落ち着きで
これを克服出来たらフィジカルの問題は日本の早いパス廻し
で勝負出来るだろう、世界基準まで後少しだ頑張れ!
日本のフットボールプレイヤー達!近い将来、世界の強豪
クラブと肩を並べて戦えるその日まで・・・


にほんブログ村 サッカーブログへ
サッカーブログランキング←サッカー好きが語る場所はこちら!

サッカー観戦に一際目立つ「俺たちが勝つ!!」勝利熱望Tシャツはこちら(熱いサポーター向け)

スポンサーサイト

ガンバ大阪、去年の浦和に続き世界3位奪取! 

とうとう年末のビッグイベントの一つCWCが終わっちゃいましたね
サッカー好き、ガンバファンの方にはたまらないCWCだったのでは
ないでしょうか?

正直、私はガンバがマンチェスター・ユナイテッドから3点取った
と言う事実だけで大分満足していたのですが、
昨日行われた3位決定戦で北中米代表のパチューカを1-0で敗り
去年の浦和に続きJリーグ勢が2年連続で世界の3位に輝いた。

2005年から始まったクラブワールドカップ、初めて見た時は
Jリーグのチームがこの大会に出るには「当分かかるかな~」
と思っていたがクラブワールドカップが開催されて3年目に
浦和が見事にアジアを制し、世界の舞台に登場!
日本のサッカーファン、Jリーグファンに夢を与えた。
別に浦和ファンでは無かったが興奮したのはまだ記憶に新しい

こんなに早く世界の舞台で日本のクラブチームが肩を並べて真剣
勝負が見れるなんてまるで夢の様だ、今まではサッカーファン年末
の楽しみは天皇杯だったがそこにCWCが加わり楽しみが1つ増えた
しかも今年はガンバ大阪が見事な攻撃的サッカーを世界に発信出来て
感無量だ(私はガンバ大阪クラブハウス近所に住むガンバファン)

世界の第3位と言うビッグタイトルを手にしたガンバ大阪には
これからも自分達の力におごる事無く更に邁進してもらいたい
今大会、選手、スタッフ、ガンバ大阪に関わる全ての人が一枚岩に
なって望んだ事で素晴らしい結果を得る事が出来た事実を私は誇りに思います。

後、賞金をクラブと選手で折半(山分け)と言う太っ腹なクラブの
考え方にも賛同できる これからも初心を忘れずに素晴らしいクラブ
チームであるように願っています。おめでとうガンバ大阪!!

是非!天皇杯を制して来年もこの素晴らしい舞台に登場してもらいたいものだ


にほんブログ村 サッカーブログへ
サッカーブログランキング←サッカー好きが語る場所はこちら!

サッカー観戦に一際目立つ「俺たちが勝つ!!」勝利熱望Tシャツはこちら(熱いサポーター向け)

G大阪、善戦及ばずマンUに敗れる。 

クラブワールドカップ準決勝、アジア王者ガンバ大阪と欧州王者の
マンチェスター・ユナイテッドの試合が行われた。

この対戦をガンバファンの私はものすごく楽しみにしていた
試合前はマンUの心の隙をついてガンバが先制したら
面白くなるなと考えていた。

ゲーム序盤マンUは落ち着いた試合運びでガンバの出方を伺っていた
様子で見ていて何だか欧州チャンピオンの余裕を感じた
ガンバも何度かチャンスを迎えたりと横浜に駆け付けたガンバファンを
沸かせたが 得点を奪う事は出来ず逆にC・Kから失点を許す

この瞬間「あ~やっぱりあかんかな~」と思った。後半終了間際にも
失点を許し前半を2点ビハインドで折り返した

後半に入り前半同様攻め立てるガンバに待望の得点が生まれる
フリーでボールを受けた山崎が右足一閃!
この瞬間クラブワールドカップで欧州チャンピオンが許した初めての
失点、派手に負けてもいいからとにかく1点を熱望していた私は
得点した瞬間にビールを開けた。それを飲みながら戦況を見ていると
あれよあれよと言う間に3,4,5点とあっという間に大量得点を許す。

「え~あかんや~ん」せっかく酒飲みながらテンション上げに入ったのに!
すると私の気持ちが届いたのかガンバP・K奪取、これを遠藤が落ち着いて
決めて2点目ゲット、この時点でスコア5-2これはあと1点位行けるんちゃうんと
再びビール!それから少しして橋本の見事なミドルシュートがマンUゴールに
突き刺さった。3点目を許しさすがのマンUの選手の顔色が変わる
これを見れただけでも満足した私はまたまたビール!

試合はこのまま5-3で善戦及ばずガンバが敗れたが、欧州チャンピオンの
マンU相手に3点も取ったガンバ大阪を誇りに思う 最後まで攻撃にこだわった
戦いをしっかり貫き通したガンバ大阪に賛辞を送りたい!

試合に負けたが内容(気持ち)では勝っていた。マンUに対して何ができて
何ができなかったか?それは個人の能力が全てにおいて少しずつ劣っていた
と言わざる得ない、しかし日本のチーム、アジアチャンピオンがここまで出来るとは
少し驚いた。日本のサッカー、アジアのサッカーも少しずつレベルアップしているん
だと感じることができた。このままアジアの中で切磋琢磨してアジア各国レベル
アップしていけば近い将来欧州チャンピオンに勝利するときが訪れるだろう。

そんな日が訪れるのを楽しみに待ちたいものだ。

しかし今日のガンバ大阪は最高に恰好よかったぜ!負けたが派手に撃ち合った
ガンバ大阪らしい試合が世界の舞台で見れたことを嬉しく思います。

それでは21日の3位決定戦を楽しみに今日はこの辺で~


自宅でらくらくtotoが買えるネットでtoto購入はこちら

J1・J2・欧州リーグサッカー見るならスカパー!レンタルサービス!!で!

にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
ランキングに参加中です。良ければポチッとクリックお願いします


G大阪勝利!念願のマンUと準決勝で激突! 

遠藤決めた!G大阪がアデレード下し準決勝進出!

ガンバ大阪が14日、トヨタスタジアムでクラブワールドカップ
の初戦を向かえた。ACL決勝で戦ったオーストラリアの
アデレード・ユナイテッドと3度目の対戦、両チーム共勝てば
準決勝で欧州チャンピオンのマンチェスター・ユナイテッドと
対戦出来るとあって激しい対決が予想された。

試合は前半、アデレードの予想以上に厳しいプレスに苦しめられ
ガンバ大阪の持ち味である華麗なパス廻しはさせてもらえずいた
しかも前半早々MF佐々木が負傷退場とガンバにとって少し嫌な展開
になりかけた。しかし交代で入った播戸がその重苦しい空気を一遍
させた、二川のクロスに自らが頭で落としフリーで走り込んだ遠藤の
ゴールをお膳立て これでガンバが1点を先制し少し落ち着きを取り戻した

これで波に乗れるかと思いきや今日のアデレードは過去に対戦した
時以上にプレスが厳しくガンバの長所が完全に消されていた。
その後も何度か訪れたチャンスも決められず1点リードのまま前半は終了

後半に入ってもなかなか決定期を決め切れずにいたガンバに対して
アデレードはパワープレーで応戦、徐々にガンバが押し込まれる展開に
しかしこの厳しい攻撃をガンバディフェンス陣が最後まで押さえ込み
遠藤の上げた1点を守りきったガンバ大阪が3度目の対戦も勝利を収めた。

リベンジに燃えるアデレードは過去の対戦から得たガンバの長所パス
サッカーをさせないために激しいプレスで対応したが、最少失点1に敗れる
結果となった。

3度目の対戦でやにくさも有ったガンバ大阪が遠藤の挙げた得点を
守りきり喉から手が出る程欲しかった夢の対戦、マンチェスター・
ユナイテッド戦への切符を手に入れた。18日、横浜で激しい打ち合いで
完敗するか、それとも奇跡の勝利を上げるかどちらにしてもガンバ大阪らし
い派手な試合を期待している。

■G大阪・関連記事一覧■

遠藤決めた!G大阪がアデレード下し準決勝進出 クラブW杯--サンケイスポーツ
CWC、アデレードVSG大阪、試合速報へ--サンケイスポーツ
G大阪、アデレードに1-0で勝利 マンUと対戦へ--スポーツナビ

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
ランキング参加中です。良ければポチッとお願いします。

G大阪の相手はアデレード 

今日、開幕したクラブワールドカップの初戦アデレードと対ワイタケレ戦は
大方の予想通りオーストラリアのアデレード・ユナイテッドが2-1で勝利した。
14日に今大会初陣を向かえるG大阪はこれでACL決勝の対戦相手と三度目の
顔合わせとなることが決まった。

ワイタケレは戦前の予想を一蹴する先制点を奪うが前半の終盤に同点
ゴールを許す。前半の内に追いつくことが出来たアデレードはここから
落着きを取り戻し徐々にペースを取り戻した。
防戦一方になったワイタケレは相手の攻撃に耐えるのが精いっぱいになり
自陣ゴール付近でファールを与えF・Kから失点を許す

途中出場で注目のトトリを投入し反撃を試みるが数少ないチャンスを
フィニッシュまで持っていくことが出来ず善戦虚しくアジア第2位のアデレード
に敗れた。

ワイタケレの選手はアマチュアでサッカー以外に他の仕事を持っており
このクラブワールドカップのようなビッグトーナメントで戦うのは難しいか
と思っていたが予想を上回る善戦に少し感心させられた。

勝ったアデレードはいよいよACL決勝の雪辱を果たすべく次戦ガンバ大阪との
対戦が実現、アデレードはガンバ相手にリベンジを果たすことができるか?注目だ

■アデレードVSワイタケレ戦・記事■

アデレードが勝利!14日G大阪にリベンジ戦/クラブW杯--サンケイスポーツ

南米王者のLDUキトってどんなチーム? 

今年のクラブワールドカップに南米王者として出場するLDUキト
について少し触れておきましょう 今年のコパ・リベルタドーレス
で見事に南米チャンピオンに登り詰めたLDUキトはエクアドルの
チームで、ブラジル・アルゼンチンのクラブに比べれば日本での
知名度こそ低いがエクアドル随一の人気クラブだ。

リベルタドーレス決勝では日本でもお馴染みの元浦和ワシントンが
所属するブラジルの名門フルミネンセを下し見事今大会出場を決めた。

惜しくも決勝で敗れたフルミネンセは準決勝で去年のチャンピオン
チーム ボカ・ジュニアーズを敗っての決勝進出だったがクラブ世界一
決定戦への出場権は得られなかった。

個人的には去年アジアチャンピオンとしてクラブワールドカップに
出場したワシントンが所属するフルミネンセを応援していたが
決勝戦トータルスコア5-5でP・K戦のすえ敗北 惜しくもワシントン
の2年連続(アジアと南米の2大陸王者としての)クラブワールドカップ
出場はならなかった。

南米代表チャンピオンとなったリガ・デ・キト(エクアドル)の快挙までの軌跡-J'sGOAL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。